大川健三氏(下記)の案内で、四姑娘山をフラワートレッキングしました。このページは、その時に出会った風景や花を紹介したものです。

河本グループ:2006年7月5日〜7月13日 (参加者写真)
 このときの花は花図鑑(T)で見られます。


田井グループ:2006年7月25日〜8月5日(参加者写真)
 このときの花は花図鑑(U)
(蔦谷孝司氏撮影) で見られます。


蔦谷孝司氏撮影

四姑娘山 : 左より 四姑娘山・三姑娘山・二姑娘山・大姑娘山
<写真をクリックすると大きな画像で見られます。>



四姑娘山・主峰(四女)
<写真をクリックすると大きな画像で見られます。>

四姑娘山周辺概念図
 四姑娘山は、中国四川省、成都の北西220kmにある四つの峰:大姑娘山5025m、二姑山5276m、三姑娘山5355m、主峰・四姑娘山6250mが連なる山です。美しいチベットの四姉妹が、四つの峰になったという伝説があり、チベット族の聖なる山と崇められています。

 四姑娘山自然保護区は、氷河が作った急峻で、複雑な地形がそのまま残り、多種多様な動・植物が生息いており、1996年、中国国家級自然保護区に指定され、2006年にはパンダが生息する臥龍自然保護区と合わせて、世界遺産に指定されました。

 山麓一帯(3000m〜4500m)は海子(湖沼)、湿地、草原、森林があり、6月〜8月にかけて、ブルーポピーを初めとする高山植物が咲き乱れます。


大川健三氏
中国四姑娘山自然保護区管理局 特別顧問
現在、四川省アバ蔵族羌族自治州 小金県 日隆鎮 長坪村在住(2000年6月より)
主な活動はボランティアによる自然保護。傍ら趣味のネイチャーフォトを撮り続け、
写真集「序章・丹巴"女王谷"東女国」「蜀山女神 第一集」「蜀山女神 第二集」
を出版。
座右の銘:人生は感動の旅路
HAT-J(Himalayan Adventure Trust of Japan)会員
WWF-J(World Wids Fund for Nature of Japan)会員

お花畑に全員集合 !

ここに収載されている写真は、一緒にトレッキングした、青木孝子、
青野勝代、井澤順子、川村秀夫、河本純子、河本義宣、戸田惠子、
彦谷あい、溝口泰江、渡邊規子の皆さんから提供されたものです。

参考図書。ヒマラヤ植物大図鑑:吉田外司夫著(山と渓谷社)。  中国秘境に咲く花:森和男著(新企画出版局)。蜀山女神(第二集):大川健三著(四川美術出版社)。日本の高山植物 (山と渓谷社)。原色牧野植物大図鑑(北陸館)。






inserted by FC2 system